殺処分ゼロ。

スポンサーリンク

本日もお立ち寄りありがとうございます。

今日はちょっと真面目な話というか

思ってる事の書き留めで、

画像も無くて

特に面白い内容では無いので

興味のある方だけ…

よく色々な所で言われる

「殺処分ゼロ」を目指そう!

この殺処分ゼロ…

本当に目指しても良いのか…

果たして目指せるのか…

今、香川県では保護団体さんや

動物愛護センターのお陰で

殺処分数は減少してます。

犬猫の収容と譲渡に関する香川県の考え方について

うちは猫カフェで

第一種動物取扱業なので

今は保健所や愛護センターからの

引き出しは出来ませんが…

(都道府県や保健所の

担当者さんによっては

引き出しが出来る所もあるみたい)

高松市の保健所は

猫の引き取りの相談があると

なるべく断る感じで話をして

どうしても!って場合だけ

引き取るみたいで…

そりゃ保健所も愛護センターの

キャパを超える数を引き取ったら

殺処分しなきゃならなくなるし、

殺処分をすれば

「香川県は殺処分数が多い!」って

保健所や行政の所為にして

叩かれるし

仕方ない気もする…

でも、その保健所で

引き取られなかった子は

人に保護されない限りは

病気になったり

車に轢かれたりで死んでいく…

猫のロードキル『28万9,572頭』人と動物の共生センターが推計を発表 〜殺処分の10倍の猫が野外で死亡。一方、5年前からは21.6%減少〜 | NPO法人人と動物の共生センター
認定NPO法人 人と動物の共生センター(所在地:岐阜県/以下、同団体)は、野外で死亡した猫の数に関する全国調査を実施(2020年8月〜9月)。同団体の理事長・奥田順之獣医師が、2021年11月3〜7日に開かれた野生動物と ...

あと、たまに聞く

「捕獲機で野良猫を捕まえて

保健所に連れて行く人がいる…」

猫が好きな人からすると

そんなやつは酷いやつ!

ってなるけど、

猫に興味無かったり

猫嫌いな人からすると

近所で餌やりする人がいて

保健所も引き取りしてくれなくて

猫がどんどん増えていって…

自宅の庭に毎日ウンコしていく…

とかかなりキツイと思う…

殺処分数やロードキルが

増える原因は

完全に餌をあげる人だけど

近所に懐っこい猫がいて

可愛くて可哀想で…って

ついついご飯をあげてしまう…

って気持ちも分からなくは無い…

けど、せめて不妊手術を…

って思うけど、

捕まえ方も分からんし

そもそも自分の猫じゃ無いのに

お金を出すのが嫌!

って人がかなり多い…

県で条例とか作って

無責任な餌やりにもう少し

対応が出来ないかなーと思う…

殺処分は

外猫がいなくなった結果、

ゼロになりました!

ってのが理想だけど、

外の子をTNRしたり、

頑張って保護して

里親さんを探す。

の流れだと

餌を貰ってる猫の

繁殖のスピードには

間に合わないと思う…

高齢化で猫を飼える人も

減っていくだろうし…

保健所が引き取る数が減りました。

で、殺処分がゼロになりました!

でも、外猫は増えてて

車で轢かれて死ぬ子は増えてます…

だと意味は無いし…

現実的に考えて

無理な問題な気がしてます…

外猫
スポンサーリンク
スポンサーリンク
catloafをフォローする
スポンサーリンク
保護猫カフェCATLOAF

コメント